妊娠中に葉酸サプリを飲むべき理由とは


妊娠中の葉酸サプリ摂取は妊婦さんにとってはもはや常識ですが、どうして飲まなくてはならないのか、その具体的な理由を詳しくご存知の方はそれほど多くないのではないでしょうか。

理由がよくわからないから、とりあえず手ごろに手に入る葉酸サプリを飲んでいるだけ、という妊婦さんもたくさんいらっしゃるようです。

また日本はアメリカを始めとする欧米圏のようにサプリ文化がまだまだ浸透していないせいもあってか、サプリ選びに関してもこだわりが見られない傾向にありますね。

妊娠中は人生において最も大切な時期ですから、葉酸サプリを飲むべき理由をきちんと知った上で、自分に合ったサプリ選びをしなくてはなりません。

妊娠中に葉酸サプリが果たす役割とは

厚生労働省は、妊娠中の女性に1日あたり400㎍のモノグルタミン酸型葉酸を「サプリから」摂取することを推奨しています。

モノグルタミン酸型葉酸とは一般に「合成葉酸」と呼ばれる葉酸で、天然葉酸よりも吸収率が良いとされています。

またサプリと違い、食物に含まれる葉酸は調理過程などでほとんどが失われてしまうため、大量に摂らなければ所要量を満たすことができません。

葉酸は妊娠においてもっとも重要なビタミンのひとつとされ、

  1. 二分脊椎症などの先天性の奇形
  2. 卵子の老化
  3. 悪性貧血

を防ぐほか、

  1. 胎児の細胞分裂を助ける
  2. 胎児の遺伝子の伝達を促進する
  3. 子宮内膜を厚くフカフカにする

などの作用があり、妊娠中の摂取はまさにメリットだらけのビタミンなのです。

妊娠中の葉酸サプリの選び方

これほど妊娠中に重要な役割を果たす葉酸ですが、無数にある葉酸サプリのなかから自分に合った商品を選ぶというのはとても難しいことでもあります。

葉酸サプリは妊活中や授乳中に飲んでも効果のあるものですが、なかでも特に重要な妊娠中に選ぶべきサプリのポイントを、以下に記しておきます。

ポイント1 葉酸以外の重要なビタミン・ミネラルがカバーされているか

妊娠中は葉酸だけでなく、鉄分、カルシウム、亜鉛、ビタミンC、ビタミンB6やB12など、胎児の健全な発達に重要な役割を果たす成分が多く必要になってきます。

通常の食事に加えてこれらをサプリで補ってあげられるだけの内容になっているか、購入前にはきちんとチェックしましょう。

ポイント2 ホルモンバランスを乱す成分が入っていないか

妊活中に摂れば効果的に働く成分でも、ひとたび妊娠すると女性ホルモンのバランスを乱すだけの厄介な成分というものも、ときには葉酸サプリに含まれていることがあります。

代表的な例がマカやイソフラボンで、これらは妊活補助成分としては優秀ですが妊娠中は入っていない商品に変えるなど、摂取を控えた方が得策です。

ポイント3 添加物など有害なものが含まれていないか

妊娠中の大事な体ですから、できるだけ添加物など良くないとされる成分は含まれていない商品を選びましょう。

妊娠中の葉酸サプリ選びの方の注意点

妊娠中の葉酸サプリ選びで注意すべき点は、とにかく自分に合ったものを選ぶということです。

これは、含まれているビタミンの他にも価格や添加物の有無、ニオイや味など、妊娠中の自分がストレスなく続けられるものであるかどうかが最も重要です。

また昨今ではGMP工場で製造された商品や放射能検査済みの商品など安全性を重要視した葉酸サプリも多く出回っています。

名前の知られていないメーカーのものこそ、こういった消費者の健康を誠実に考えている会社かどうかをよくチェックした上で

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ